探偵が行う浮気の証拠集め

一流企業の彼氏、身辺調査の結果

探偵事務所に一度だけお世話になった経験があります。

探偵事務所を訪れた理由は、一生に一度あるかないかの機会である結婚のためでした。

20代半ばだった私は、20代後半の彼氏との結婚が決まっていたのですが、彼氏の様子がおかしく、探偵に身辺調査を依頼したのです。

彼氏はそこそこ有名である大学を卒業しており、実家も家柄が良く、高校も地元では優秀な高校を出ており、就職先も一流、と呼ばれるほどの職場でした。

将来有望である彼を捕まえ、将来は安泰だと思っていた私なのですが、結婚を決めた直後から彼とのデート回数が減り、以前は沢山のプレゼントもくれていたのに私にはお金を使いたがらなくなり、他に女性ができたのでは、と浮気調査も兼ねた身辺調査を行なったのです。

土日は休日であるはずの彼氏ですが、私が土日にデートに誘っても資格の勉強があるからと応じてくれません。

平日に一時間だけでも会いたい、と言うのですがそれも忙しいから、仕事があるから、残業のために会えない、と断られていました。

探偵に調査を依頼した後、今度の土日も会えない、と彼からデートを断られ、その日を身辺調査日としました。

探偵は朝方から彼の自宅を張っていたのですが、彼は朝の10時に家から出てきて、もしかしてデート、かと思いきや一人で飲食店に入りました。

飲食店で食事をするのかと思いきや、彼はそこでウエイターとして働いていました。

一流企業に勤めているはずの彼がなぜアルバイトを、と大変驚きました。

最低賃金すれすれの数百円の賃金である飲食チェーン店です。

お昼のピークを過ぎるまで彼は飲食店で働き、その後はスーパーで食料品を購入し自宅に戻り、以降外出はありませんでした。

土曜日の調査内容が以上の内容でしたが、翌日の日曜も同じような生活でした。

探偵が更に調べると、彼は過労から仕事を辞めており、食い繋ぐためにアルバイトをしていたようでした。

再就職をしようにも、以前の職場で残業代皆無、遅くまで働かされ、上司には怒鳴られ、腰痛にもなり、ノイローゼ状態になった経験のために企業で働く事が怖く、アルバイトをしていたようです。

彼の将来性、経済面、メンタル面、健康面などを考え、私は結婚の話を白紙にしました。

彼には、探偵に身辺調査を依頼したとは伝えずに他に好きな人ができたと伝え、穏便に別れました。

将来性が無いから別れた、というのもありますが一番こたえたのは嘘をつかれていたことですね。