探偵が行う浮気の証拠集め

探偵・興信所に相談する際のポイント

興信所や探偵に調査依頼したいが「高額な調査費用」がかかるならば止めようと考える方は多い。

事実、お電話での相談問い合わせの中で「料金確認」が一番多いと認識している。

当然、相談者が少しでも安い探偵に調査を依頼したい心理から確認の問い合わせがあることは充分理解している。

しかし、料金が安くても結果が満足の行くものであるかは「別問題」であり、探偵に相談する際に「相談者が納得」出来る調査手段を用いた料金の見積であるかが一番の重要ポイントであろう。

薄っぺらな表面だけの調査を行った事実が調査報告では「依頼するに値しない探偵」に相談し調査依頼してしまったと・・・なりうるからである。

探偵・興信所と二人三脚

興信所の探偵と依頼人は同じ目的の為に情報を提供し合い「結果を求める」関係である。

こう考えると「二人三脚」で息のあった連携が行えれば調査はスムーズに進行するだろう。 探偵・興信所の欲している情報を依頼人が提供し調査結果に近づいてゆく「確信に迫った有力な情報」が探偵に提供されたならば依頼人が欲している「調査結果に到達」することは難しくないだろう。

探偵・興信所と依頼人の関係が良好であれば調査はスムーズに行われ結果的には「調査費用も節約」されるメリットが副産物として生まれる。 探偵にとっても協力的な人物は歓迎であることは言うまでもなく、理想的な調査が現実に行われ「依頼人が悩み苦しむ時間」も軽減される。 探偵が勝手に調査を進めるのではなく、話し合い合意のもとで調査を進めていくのが理想的な形の一つである。

探偵の眼に映る

本当に世の中の人間は欲深い生き物である。

有限な人生を「我の好み」や「理想を現実に」と考え日々行動して生きてゆく。 その欲深さに男女性別は関係なく「際限なくたかみを目指す」その行為の代償など後回しといった具合である。

物理的に裕福な人物が精神的に満たされているか?というとそうでもない。 お金もちにはお金持ちの悩みがあり探偵は相談され依頼を受ける。 いくら裕福な人物でもお金で手に入らないものがこの世の中にはいくらでも存在しているという事なのだろう。 興信所の探偵の眼に映る現実は一般の方には想像も出来ない価値感が基因して飛び込んでくる。

人間が持つ限度なき物欲のせいなのであろうが多くは不幸を呼び込むことになりかねない。 そして、厄介な調査案件と裕福な価値観は比例して存在している。 お金持ちは探偵にとって良い顧客でもあるが、難解な問題を持ち込まれることもたびたびなのである。