探偵が行う浮気の証拠集め

夫の行動がちょっとおかしい

「探偵・結婚調査」と大きく書かれたポスター広告がうちの近所にたくさんあるのがずっと気になっていました。

使わなくなった家屋の窓や、ジュースの自販機の横などいろいろなところにべたべた貼ってあったんです。

でも、まさか自分が、自分から出向いて興信所に行き、プロの探偵さんに自分の妻の浮気調査をしてもらうことになるなんて、つい最近まで考えてみたこともありませんでした。夫の行動がちょっとおかしいなと思い始めたのは、出張の時に必ず私服を持って行くようになったからなんです。携帯電話も常に手に握っている状態で、しょっちゅうメールのやりとりをしていました。

夫に聞くと「今仕事が立て込んでるから仕方ないんだ」という話でしたが、どうしても気になりモヤモヤしていました。そんなときに思い立ったのが興信所のあの「探偵・東京での身辺調査」のポスターでした。探偵に頼んでまで夫の浮気調査なんて、私も尋常じゃないと思いました。でも、悩んでいても解決の糸口がみつからないし、気持ちが落ち着かないのです。友人にも両親にも相談することなんてできるわけもなく、一人で悩みました。

興信所へ行ってみると

インターネットで興信所で探偵を雇って東京で身元調査をした場合の費用や調査期間をだいたい調べて、予算的には大丈夫だと思ったので、思い切って電話をしてみることにしました。

興信所の受付で電話にでたのは女性で、とても穏やかな語り口で安心しました。

さっそく依頼内容を話してみて、おおよその見積もりをいただいた上で後日直接詳細打ち合わせをした上で、費用等条件があえば契約ということになりました。

興信所へは電話の翌日に行ってみました。なんとなくもっと暗い事務所のイメージでいたのですが、着いてみたところは私の予想よりもはるかにビジネスライクな普通のオフィスといった感じの趣で、働いている事務の人も、探偵さんも、みんな平均年齢が若い感じで驚きました。

今回私の話をきいてくださった探偵さんは女性で、とても話がしやすかったです。配偶者の浮気調査とういのはよくある案件だそうで、実際に調べてみて浮気なのかどうかは結果は半々くらいということでした。私も、この追跡調査が私の単なる思い過ごしであればいいなと思いながら、今回はどんな調査内容になるのか詳細を打ち合わせしました。すべてが初めての体験でとても緊張しましたが、興信所に行ってみて気持ちが楽になりました。

探偵さんには今週動いていただいて結果を出してもらうことになりました。